heltuda.jpg
cyuou.jpgnankan256.jpgbobobob.jpg
A2.jpg525×360勝ち組 (1)789.png

【オーシャンカップは峰竜太が制覇】

 2017-07-18
12レース連続的中当たり前!
競馬よりも稼げるのがボート
その理由がこちら
http://boatrace-king.net/?hi=i_j_af_07_qk_t

 

【オーシャンカップは峰竜太が制覇】
丸亀競艇で開催中だったオーシャンカップが終了。

フタを開けてみれば、シリーズ絶好調の佐賀支部峰竜太の圧勝。

「佐賀支部峰竜太」の画像検索結果

優勝戦では三重支部の井口佳典のドッキリスタートが際立っていましたが、峰選手が難なくさばき、優勝の運びとなりました。

丸亀は前回のブログでもお伝えした通り、昼間と夜間で水面が大幅に変わる難しい競艇場。

エンジン、ペラ調整含め、それらの難所に打ち勝った峰選手には素直に拍手を送りたいです。

峰選手といえば数々のSGタイトルのチャンスに恵まれながらも、惜しいところで栄光を掴めなかった選手。

丸亀競艇でも優出はするものの、優勝までなかなか手が届かず、悲願の丸亀制覇となりました。

しかしながら実力は折り紙つき!

今後も期待大の楽しみな選手です。

ターンスピードは競艇界屈指。素晴らしい選手です。

そして今回、自身初となるオーシャンカップ優勝と相成りました!

おめでとうございます!!

今後ますますの活躍を期待しております。

12レース連続的中当たり前!
競馬よりも稼げるのがボート
その理由がこちら
http://boatrace-king.net/?hi=i_j_af_07_qk_t
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【オーシャンカップ、いよいよ丸亀で開催】

 2017-07-10
言われた通りの買い目で100万円GET!
的中率の高さから口コミも大拡散中。
700万円稼ぐ強者も出現!
競艇で稼ぐ人には超有名なサイト。
http://www.yhs-netb.com/pbq/?ktkaf&cc=ktkaf

 

いよいよ今週水曜から丸亀競艇で“SG競争第22回オーシャンカップ”が始まります。

注目選手をピックアップしていきたいと思います。

まずは大阪支部の石野貴之。

「石野貴之」の画像検索結果

近況はSG連覇中と絶好調、とにかく強いです。

また、埼玉支部のエース、桐生順平や、岡山支部の賞金王、茅原悠紀からも目が離せません。

それだけではありません。

地元香川支部の2代エース森高一真や重成一成は丸亀は慣れ親しんだ水面。

期待値も高く、優出に特に一番近い存在といえます。

また、丸亀競艇といえばナイターレース場。

とはいえ、8レース近辺までは昼間と同じ水面で、それ以降気温水温共に激変。

選手にとっては、我慢の調整が必要な大変難しい水面でもあります。

そんな難所を克服することで、丸亀を制することができるといえます。

個人的にも、楽しみで、今年の賞金王決定戦を占うビッグレースであることは間違いなし。

丸亀競艇の水面は、波乱のレースも少なくありません。

エキサイティングなレースを期待します。

 

言われた通りの買い目で100万円GET!
的中率の高さから口コミも大拡散中。
700万円稼ぐ強者も出現!
競艇で稼ぐ人には超有名なサイト。
http://www.yhs-netb.com/pbq/?ktkaf&cc=ktkaf
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【若手主体の東西頂上決定戦】

 2017-07-02
究極の予想法!他では真似できない圧倒的完成度!
予想LIVEが独自に編み出したトータルマッチング法。
数百万円を競艇で稼ぐ。
今なら2万円分のポイントGET!
http://www.yoso-live.net/?imtkm&cc=imtkm


【若手主体の東西頂上決定戦】

6月29日より桐生・宮島競艇で同日開催されている、“イースタンヤング・ウエスタンヤング・ヤングダービー”
平成26年度より新設、満30歳未満の勝率上位者たちによって競われる若手レーサーによる頂上決戦です。

ノリに乗った若手選手が一堂に会した、フレッシュな大会です。

イースタンヤングでは勝率7.93と圧倒的な強さを誇る埼玉支部の中田竜太、ウエスタンヤングは前年度覇者、福岡支部の松崎祐太郎を中心に熾烈な戦いが繰り広げられています。

もちろん女子選手も多数参加。

若手のアグレッシブなレースは見ていて興奮すること間違いなしです。

ウエスタンヤングは福岡競艇ということでデイタイム開催。

一方、イースタンヤングは桐生競艇ということでナイター開催ですので、どちらも楽しむことができます。

また双方競艇場の特性が大きく違うのも見どころ。

また、新鋭リーグ等、若手主体のレースでは荒れることも少なくありません。

どんなドラマが待ち受けているのか

優勝戦は7月4日です。


究極の予想法!他では真似できない圧倒的完成度!
予想LIVEが独自に編み出したトータルマッチング法。
数百万円を競艇で稼ぐ。
今なら2万円分のポイントGET!
http://www.yoso-live.net/?imtkm&cc=imtkm
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【石野貴之・SG連続V】

 2017-06-26
番組を組んでる施工者サイドをヒントに組み立てられた厳選買い目。
300万円台の獲得続々!
今なら2万円分のポイントGET。
競艇で稼ぎたいならこの方法を使え!
http://b-daikoku.com/?nbnks&cc=nbnks


【石野貴之・SG連続V】

6月25日、鳴門競艇で行われていた“SGグランドチャンピオン”が幕を閉じました。

鳴門競艇はリニューアルしてからやく一年、去年のオーシャンカップに続き、二年連続でのSG競走開催でした。

優勝戦は近況目下好調の大阪支部の石野貴之が1号艇、同じく大阪支部の丸岡正典と大阪支部は絶好調。

注目すべきは鳴門のエース機を引いた4号艇、福岡支部の篠崎仁志でしたが結果はやはり石野選手の危なげないまさに盤石の逃げと言って良いほどの勝利でした。

今石野選手は絶好調。

前回の福岡競艇でのオールスターに続き、SG二連覇。

また去年から通算4回目のSG制覇という記録、まさに今が旬、ノリに乗っている証拠です。

他の追随を許さない圧倒的な強さで、優勝街道を爆進中。

今回のグラチャン制覇で優勝賞金を獲得した石野選手は、もちろん賞金ランキングトップ。

次回のSGは丸亀競艇で行われるオーシャンカップです。

石野選手には前人未到のSG三連覇を期待したいです。


番組を組んでる施工者サイドをヒントに組み立てられた厳選買い目。
300万円台の獲得続々!
今なら2万円分のポイントGET。
競艇で稼ぎたいならこの方法を使え!
http://b-daikoku.com/?nbnks&cc=nbnks
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【周年記念競走】

 2017-06-14
その秘密は施工者サイドをヒントにした厳選買い目。
独自で発見、見出した法則が的中率の高さを生む!
200万円台の利益も多数獲得。
今なら2万円分のポイントGET!
http://b-daikoku.com/?nbnks&cc=nbnks

 

各競艇場の開設を記念して毎年1回行われるGI競走と言えば、周年記念競走です。

競艇場からしてみれば、地元支部中心の斡旋であることや、それぞれの競艇場のカラーを出していることなどから、ある意味ではSGやプレミアムGIに勝るとも劣らないメインイベントであるといえます。

そんな周年記念競走ですが、今月も江戸川の“江戸川大賞”、若松の“全日本覇者決定戦”が行われました。

この江戸川の江戸川大賞、若松の全日本覇者決定戦、どちらも波乱のレースが目立ったように思います。

江戸川最終日、優勝戦は1番人気の1コース、岡山支部の平尾崇典がまさかの立ち遅れ、群馬支部の土屋智則が2コースまくりで優勝しました。

また、若松では開催の6日間全体を通してかなりの数の万舟決着、うち、10万越えが3本という、なかなかの波乱ぶりでした。

この周年記念競走ですが、現在、住之江の“太閤賞”が開催中です。

各競艇場が趣向を凝らしたこの周年記念競走、是非本場にも足を運びたいものです。

 

その秘密は施工者サイドをヒントにした厳選買い目。
独自で発見、見出した法則が的中率の高さを生む!
200万円台の利益も多数獲得。
今なら2万円分のポイントGET!
http://b-daikoku.com/?nbnks&cc=nbnks
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ナイターレース開催は現在6会場。バラエティーに富んだ多彩な決まり手が魅力】

 2017-06-04
私はボートの知識が皆無でしたので、不安でいっぱいでした。
ただ、こんな私を担当の方が親身になって教えて下さり、投票もできるようになりました。
まだまだ分からないことだらけですが、必勝様に付いていく覚悟でおります
http://www.h-boatrace.net/?dkdnl&cc=dkdnl



【ナイターレース開催は現在6会場。バラエティーに富んだ多彩な決まり手が魅力】

ナイターレースは現在、桐生・蒲郡・丸亀・住之江・若松・下関の6会場で開催されています。

時間はおよそ15時台から始まり、20時30分~40分頃が最終レースの締め切りです。

平日の仕事のあと等でも舟券を購入できますし、なんといっても照明で照らされた水面で競う姿は見ていても迫力がありますね。

夏も近づいてきたので本場にも足を是非運びたいものです。

ナイターレースを展望する際の大きな着目点は、やはり気温と風。

気温の変化や風等の天候の変化は、日中開催の競艇場とは違い、その差も大きいものです。

競艇では一日のレースで2回走るのがポピュラーですが、ナイターレースでは1回目と2回目で走り方が大きく変わる選手も少なくありません。

この一日を通して変化の激しい気温及び水温や風(海水面では潮位)など、臨機応変に対応できる選手がいわゆるナイター巧者と呼ばれています。

蒲郡競艇場では去年の10月に、ナイター勝率の高い選手だけを集めた“ナイター巧者選抜戦”が開催され、各選手がナイターレースの上手さを披露。また選手インタビューではそのコツや着眼点を紹介し舟券戦略をする際の大きな参考になりました。

ナイターレースの難しさの一つとして、選手が口を揃えて言うのが水面に照明設備が反射し水面が見づらいということ。そんな中ナイターでの勝率が高い選手はやはり実力があると言えます。

バラエティーに富んだ決まり手も楽しめる、ナイターレースを今後も楽しんでいきたいですね。


私はボートの知識が皆無でしたので、不安でいっぱいでした。
ただ、こんな私を担当の方が親身になって教えて下さり、投票もできるようになりました。
まだまだ分からないことだらけですが、必勝様に付いていく覚悟でおります
http://www.h-boatrace.net/?dkdnl&cc=dkdnl
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【近畿勢の強さ~第44回ボートレースオールスター~】

 2017-05-29
9レースの的中で大喜びだったのでまさか11レースも的中するとは思ってもいませんでしたし
50万円を超える金額を予想サイトで回収出来る日がくるなんて思ってもいませんでした。
http://active-ks.jp/?r=mc06

【近畿勢の強さ~第44回ボートレースオールスター~】

今月23日から28日まで行われていたSG競争“第44回ボートレースオールスター”が幕を閉じました。

結果は初戦ドリーム6号艇だった大阪支部の石野貴之が5勝を上げ優勝戦1号艇、危なげなくゴールし優勝し、幕を閉じました。

また優勝戦では大阪支部が3人と、近畿勢の強さが光りました。

福岡競艇場のエースモーター29号機を引き当てた今回SGV2を狙う、岡山の茅原悠紀は惜しくも2着しかしながら、モーターパワーの底力をみせてくれました。

また、見所だったのは、5日目準優の第12レース、地元福岡支部の篠崎兄弟対決。レースは転覆のアクシデントもありましたが結果、兄元志に軍配が上がり、優勝戦に駒を進めました。

特筆すべきなのは、4日目。この日は万舟決着が実に6本、1日のレースのうちの半分という波乱の一日となりました。

次回SG開催は6月、鳴門競艇で行われるグランドチャンピオン。

どんな結果が待っているのでしょうか?

9レースの的中で大喜びだったのでまさか11レースも的中するとは思ってもいませんでしたし
50万円を超える金額を予想サイトで回収出来る日がくるなんて思ってもいませんでした。
http://active-ks.jp/?r=mc06
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【クレアのボートコラム】ボートレースオールスター開幕

 2017-05-22
今日も無料情報の的中お見事!
一週間無料だけを使って舟券代が10万円。
払戻金が19万3540円。
5日間だけで利益が約10万円。
http://v-road.com/?snitk&cc=snitk



【ボートレースオールスター開幕】

今年二つ目のSG競争、“第44回ボートレースオールスター”が今月23日から28日までの6日間ボートレース福岡で行われます。

ボートレースオールスターといえば、旧名称は“笹川賞”。2014年からSG、G1競走の名称がリニューアルされてはや3年目です。

ボートレースオールスターは言わずと知れた、主にボートレースファンの投票で選出された選手たちがしのぎを削る大会。

インタビューでもそれぞれの選手が『投票してくれたファンのために頑張ります』と気を吐く姿が見られます。

初日の12Rに行われるドリーム戦はファン投票上位6名がそのままコース順となるレース。

今年の1位は佐賀支部の峰竜太でもちろん1コース。

また、地元福岡支部の瓜生正義が2位、篠崎元志が4位となっており、地元ファンを沸かすこと必至でしょう。

またその出場するためのシステムの特性上、女子選手にとって最も近いSG競走でもあり、今年は地元支部の日高逸子をはじめ8人
の女子選手が出場します。

そして最多出場は群馬支部の山崎智也で三回目の出場。

人気の高さがうかがえますね。

ボートレース福岡は、よく言われる比較的イン受難の競艇場。

さらに気温水温ともに高くなってきているので、多彩な決まり手が見られるかもしれません。



今日も無料情報の的中お見事!
一週間無料だけを使って舟券代が10万円。
払戻金が19万3540円。
5日間だけで利益が約10万円。
http://v-road.com/?snitk&cc=snitk
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【モーター・ボート勝率共に一年で更新】

 2017-05-15
あのDライン投資法がついに解禁
ボートで儲かる方法はこれしかない!
ただし全員には教えません。
今だけ無料公開中!
http://v-bakufu.net/?tumty&cc=tumty



競艇で選手が使っているボート、モーターは共に"ヤマト発動機”社製です。

どこの競艇場でもこのヤマト発動機のモーターボートが使われています。つまりシェアは100%ということになりますね。
それを選手が手を加え微調整をしながらレースをし、次の節へと引き継がれ、勝率等の数字が弾き出されます。

そういった中で、各競艇場で特に優秀な成績をあげているものが"エースモーター”と呼ばれていますよね。いわゆる超抜というやつです。

若手の選手が抽選でエースモーターを引き当てると、インタビューではよく「壊さないように走ります」と言っていたりします。
ただ、これらのモーター、ボート共に使用期間は一年間。

新しいまっさらのモーターとボートでまたレースが始まります。

また、競艇場によってはモーターとボートの更新タイミングが違う所もあります。

勝率を見る場合の参考に!

全24場のモーター&ボート更新月

1月:児島(ボート3月)
2月:下関
3月:住之江、大村(ボート7月)
4月:江戸川、三国、尼崎、鳴門、徳山(ボート11月)、浜名湖(ボート9月)
5月:蒲郡、芦屋(ボート4月)
6月:平和島、福岡、琵琶湖
7月:戸田
8月:多摩川、唐津(ボート4月)
9月:宮島、津(ボート8月)
11月:丸亀(ボート7月)
12月:桐生(ボート10月)、常滑(ボート7月)、若松(ボート6月)

あのDライン投資法がついに解禁
ボートで儲かる方法はこれしかない!
ただし全員には教えません。
今だけ無料公開中!
http://v-bakufu.net/?tumty&cc=tumty
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【競艇界は今、ミドルエイジ最強時代に!】

 2017-05-08
毎日のように3万.5万.10万と稼げるようになります。
それがボートレース
論より証拠、ボートで稼ぎたい方はここ
http://venus-boat.net/?afl=adb170408

 

4月の後期級別審査の期末期間が終わり、現在は各地でGWレースが行われています。

その期末期間ですが、選手は皆、昇級や現級維持のために熾烈な勝負がけが繰り広げられていました。

今期期間勝率第1位は兵庫支部の吉川元浩で、8.40でした。

「吉川元浩」の画像検索結果
吉川選手は現在44歳。
前期の第1位は愛知の赤岩善生で、40歳でしたので、40代の選手が続けて勝率1位だったことになります。
競艇は今40代が一番強い!

もう一つ例をあげると、東京支部の渡邉睦広は現在48才ですが、(勝率6.79)自己最高勝率を3期連続更新中です。
この年でまだまだ実力が向上していることがうかがえますね。

競艇界は今まさにベテラン最強時代に突入しています。
若手にはない円熟みを増していく勝負勘、安定感のある走りと磨きあげられたターン、エンジン整備やペラ調整に伴う幅広いネットワーク...etc
それらがある意味ちょうど過度期になっていくタイミングがこの頃なのかもしれません。

他の一般的なスポーツ競技のように、おおよその年齢のボーダーラインがある中で、
競艇はそれらを遥かに超える息の長さがあり、幅広い年齢の選手たちが勝負を繰り広げています。

その中でも40代のいわゆる“ミドルエイジ”の選手たちに今後注目していきたいと思います。

 

毎日のように3万.5万.10万と稼げるようになります。
それがボートレース
論より証拠、ボートで稼ぎたい方はここ
http://venus-boat.net/?afl=adb170408
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】旋回技術の進化

 2017-04-30
今日も無料情報の的中お見事!
一週間無料だけを使って舟券代が10万円。
払戻金が19万3540円。
5日間だけで利益が約10万円。
http://v-road.com/?snitk&cc=snitk



【旋回技術の進化】

かの不死鳥こと、植木通彦が試行錯誤を重ね完成させた“モンキーターン”は時を経て今や効率良くターンマークを回るための方法として、最もスタンダードかつポピュラーな旋回技術となりました。

そんなモンキーターンも近年少しずつ進化を遂げ、精度も飛躍的に増していっています。

その例として、愛知支部の池田浩二が操る、“ウィリーモンキー”があります。

ウィリーモンキーは水面との摩擦による抵抗を極力抑えることができるので、早いターンをするのにとても有効です。

このおかげもあってか、2011年の笹川賞、全日本選手権、賞金王タイトルと競艇3大タイトルを総ナメにしたことは記憶に新しいですね。

また、これとは違ったアプローチの一つとして最近注目しているのは、福岡支部の下河誉史や江夏満が披露した“スコーピオンターン”。

名前の通り片足をまるでサソリのように反り上げ旋回する技は見た目はとてもダイナミックです。
理屈としては先ほどのウィリーモンキーとは逆で、艇を下に押し付ける力によって、安定性を最大限に高める効果があるとのことです。

ちなみに江夏満は去年10月の芦屋の地区戦で完全優勝を果たしています。

このように選手たちは日々試行錯誤し、技術の向上を図っているんですね。

カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クレアのボートコラム【イン屋、アウト屋、それから“ヒモ屋”】

 2017-04-24
今日も無料情報の的中お見事!
一週間無料だけを使って舟券代が10万円。
払戻金が19万3540円。
5日間だけで利益が約10万円。
http://v-road.com/?snitk&cc=snitk

 

クレアのボートコラム【イン屋、アウト屋、それから“ヒモ屋”】

競艇選手がそれぞれ得意とする戦法を表現する言葉、例えばインコースを得意とし、例え1コース以外を番組(レース)で割り当てられたとしても半ば強引に前づけしてインを奪取してレースに臨むイン屋だったり、逆に6コース専門でチルトをはねて伸び足を良くし、他艇を自分の引き波に沈める、いわゆるマクリ屋がいます。イン屋では“インの鬼”こと西島義則が有名でインコースを奪取した時の勝率、信頼度はかなり高いですね。

また、アウト屋の代表格はご存知“ミスターチルト3度”阿波勝哉や、三重支部の澤大介がおり、ダイナミックなレースで競艇ファンを魅了しています。

イン屋はインコース、アウト屋は6コースからを得意としこれら二つはタイプがはっきりわかれているのに対し、もう一つ忘れてはいけないのは俗にいう“ヒモ屋”。
ヒモ屋は自由自在な選手でどのコースからも連に絡みます。

その決まり手はまくりから差し、逃げ、まくり差しと実に多彩で、観ていてほんとに楽しませてくれます。

ヒモ屋で思い出すのは滋賀支部の香川素子で自分はヒモ屋だと公言しえますし、レースを観ればそのユーティリティの高さがわかります。
うまいなあと思うレースをしますね。

舟券予想の際は絶対落とせない選手がこの“ヒモ屋”ですね。

 

今日も無料情報の的中お見事!
一週間無料だけを使って舟券代が10万円。
払戻金が19万3540円。
5日間だけで利益が約10万円。
http://v-road.com/?snitk&cc=snitk
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】戸田は日本一狭い水面

 2017-01-29
空いた時間にボートで稼ぎませんか?
フリーアドレスでも構いません。
収支が今のところマイナスの方はこちら
http://v-bakufu.net/?msnni&cc=msnni

 

戸田は日本一狭い水面

「戸田ボート」の画像検索結果

この記事を執筆している現在、戸田G1が行われています。
戸田はご存知の通り日本一狭い水面で24場で1,2を争うほどインが弱い水面です。

数年前までは日本一でしたが、出力低減モーターが採用されて以降平和島が戸田と争うほどインが弱くなっています。

戸田同様第一ターンマーク(以降1M)をホーム側に振っているので1コース選手のターンがしにくくしており、さらにバックでの斜行が禁止されていますので出足のない出力低減モーターでは出ているモーターにつかまりやすく、斜行もできないためブロックできず2Mでやられてしまいインが負けやすくなっているわけです。

 

戸田に話を戻しまして、戸田でもG1となればイン逃げも一般戦より出ます。
現在執筆している5日目終了時点で29本出ています。

 

60レース中の29本ですから多く聞こえるかもしれませんが、比較として先日行われた下関G1では5日目終了時点で36本出ています。

下関だけでなく多くの場ではG1、SGではそのくらい普通に出ます。
多い場だと40本を超えることすらあります。
これは狭い戸田の水面特徴がそのまま現れているわけですね。

 

ちなみに、戸田は1Mから対岸までの距離が70.5mしかありませんが、下関では123mもあります。
さらに平和島のお話でもしましたが戸田は1Mをホーム側へ振っておりその距離37mしかなく、下関では43mあります。

 

これが戸田のインが弱い大きな理由になっています。
インコースからでは1Mが近くターンをするには窮屈で、それでも思いっきり握ろうものなら下手すると対岸まで行ってしまうので思うように握れないわけです。

 

そんな狭い戸田を思いっきり握って廻りつづけSGまで獲ってしまったのが、今回の戸田G1でも優勝戦1号艇に乗った桐生順平選手なわけです。
現時点では優勝するかどうかまでわかりませんが、桐生選手の速くてその割に小さいターンを見ていると納得ですよね。

「桐生順平」の画像検索結果

 

戸田の1号艇でも全速で握れる選手はSGトップクラスのターンの持ち主と言えるでしょう。
一般戦などで戸田をみることがあれば1号艇で全速で握っている選手をぜひ探してみてください。
もしかしたら未来のSGウィナーかもしれませんので。

 

空いた時間にボートで稼ぎませんか?
フリーアドレスでも構いません。
収支が今のところマイナスの方はこちら
http://v-bakufu.net/?msnni&cc=msnni
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】平成28年次売上・利用者が発表されています。

 2017-01-22
5分であなたを勝ち組にします。
http://v-road.com/?nkasn&cc=nkasn

 

平成28年次売上・利用者が発表されています。

 

一般財団法人日本モーターボート競走会は、平成28年次売上・利用者について発表しています。

●平成28年次(1月1日~12月31日)
売 上:1,087,534,116,500円
利用者:241,749,057人

平成27年次との比較もされています。

 

平成28年次             平成27年次        前年比
売上  1,087,534,116,500円  1,033,820,669,600円  5.2%増加
利用者 241,749,057人      212,037,949人      14.0%増加

 

売り上げは1兆円を超え、利用者数は2億人を超えているわけですがボートレース場に実際行ってみるとあまり実感しない気がしませんか?

おそらく、これはインターネット利用者の増加が大きいのではないかと思います。

 

上記の利用者は入場者とインターネット投票利用者、電話投票利用者が含まれていますので。
(入場者はボートピアなどの場外も含みます。)

しかし、それでもよく言われる本場に行くと若い人が少ないというのはそうでもないように思います。

 

土日などはスタンドにいるのは若い人ばかりですし、特にナイターでは夜7時以降は建屋内も若い人ばかりいます。

どうやら年配の方は日が落ちる頃に帰宅されるようです。

 

一般戦ともなると、あるボートレース場の2階スタンド席はがらんとするほどです。

おそらく他のナイター場も同様なのではないでしょうか?

 

オートレースでは閉鎖される場もある中、ボートレースは安泰のようですね。

今後も思う存分ボートレースを楽しみましょう。

5分であなたを勝ち組にします。
http://v-road.com/?nkasn&cc=nkasn
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】ボートレースオフィシャルウェブで「平成28年優秀選手」各表彰者が発表されました。

 2017-01-15
競艇予想専門
「Dライン投資法」はご存知ですか?
やらないと損するその秘密とは!?
http://v-bakufu.net/?msnni&cc=msnni

 

ボートレースオフィシャルウェブで「平成28年優秀選手」各表彰者が発表されました。

「平成28年優秀選手」各表彰者を決定され発表されています。

http://www.boatrace.jp/news/2017/01/057520.php

瓜生選手が最優秀選手、最多賞金獲得選手、記者大賞と3冠となっています。
賞金獲得額213,734,000円と2億円越えです。

「瓜生正義」の画像検索結果

グランプリを獲った選手の多くは2億円超えますよね。
昨年グランプリを獲った山崎智也選手はSG3勝で229,330,000円でした。

 

ちなみに、歴代1位は元艇王の植木道彦現やまと校長で283,934,000円となっています。
現役選手での1位はもちろんこの人、王者松井選手で251,204,000円。

 

これらの記録は賞金金額の減っている現在では届かない金額だと思われます。
SG3勝、グランプリまで獲った山崎智也選手でさえ届かないのですから容易に想像できると思います。

 

今年は誰が活躍するでしょうか?
まだまだ始まったばかりですが楽しみですね。

 

競艇予想専門
「Dライン投資法」はご存知ですか?
やらないと損するその秘密とは!?
http://v-bakufu.net/?msnni&cc=msnni
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】第123期ボートレーサー募集開始されました。

 2017-01-12
なんかめっちゃ稼げて笑う。日頃の移動でタクシーばっか使うようになったわ
ちな稼いだ額は合計500くらいだけどやればやるほど儲かってる。
http://www.boat-ex.net/?mhshs&cc=mhshs

 

第123期ボートレーサー募集開始されました。

現在第123期のボートレーサーの募集が始まりましたね。

http://www.boatrace.jp/news/2017/01/057517.php

 

銀河系軍団と呼ばれている井口選手ら4000番台85期の選手たちももう30代後半なんですね。

「井口選手 ボート」の画像検索結果
それがもう5000番までもう少しのところまできているのです。

一番登録番号が新しい選手が4967番の中村魁生選手18歳です。
次の期で5000番到達しますね。

 

今や2000番台の選手でさえ30数名ほどになりました。
1000番台最後の選手、加藤俊二さんが引退され現在一番古い登録番号の選手が2014番の高塚清一選手69歳です。

「高塚清一選手69歳」の画像検索結果

これはボートレースオフィシャルウェブのトップページにも最年長選手として記載されていますよね。
ちなみに同じく記載されているのが松井選手の生涯最高獲得賞金で35億円です。

「松井選手 舟」の画像検索結果

だいたい毎年1億円ペースで足されてますよね。
王者たるゆえんです。

 

話がそれましたが、ボートレーサーの条件もこの10年ほどで身長が175cmまでになったり年齢が30歳までに引き上げられたり、スポーツ推薦枠ができたりと優秀な選手を獲得するためにどんどん条件が緩和されています。

 

もし、条件が合う方がいらっしゃいましたら検討されてはいかがでしょうか?
大変危険な競技ではありますが、それに見合うだけの富と栄誉が誇張なしに得られますので。

 

なんかめっちゃ稼げて笑う。日頃の移動でタクシーばっか使うようになったわ
ちな稼いだ額は合計500くらいだけどやればやるほど儲かってる。
http://www.boat-ex.net/?mhshs&cc=mhshs
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】クイーンズクライマックスは松本晶恵選手が優勝!

 2017-01-01
仕事終わってから時間有るときだけ競艇のナイター買ってるけど
もう貯金も300超えた、仕事してる意味もわからなくなってきたし
そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs

 

クイーンズクライマックスは松本晶恵選手が優勝!

「松本晶恵」の画像検索結果

クイーンズクライマックス、賞金女王決定戦は松本晶恵選手が見事なイン逃げで優勝しました。
A1級に定着しているとはいえど、優勝回数4回とまだまだでしたが大きなタイトルを手にしました。

 

白銀に輝くプラチナのティアラを戴冠し、地元の群馬へ凱旋します。
それにしても、身に纏った赤マントにティアラという出で立ちはクイーンズクライマックス、賞金女王の名にふさわしい格好ですよね。

 

クイーンズクライマックスの歴史がまだ浅いのもあり、デザインも新しいのでとても輝いています。
ちなみにグランプリ、賞金王の黄金のヘルメットは確かに歴史ある重みのあるものですが、昔の競艇時代に使われていたオープンヘルメットのデザインですからちょっとデザインに物足りなさがりますよね。

今回賞金女王に輝いた松本晶恵選手は新年早々1/2(月)から桐生のお正月レースを走ります。
大晦日にレースを走り、元旦に前検で二日からもうレースとまさに正月とは無縁なのがボートレーサーなんですよね。

 

そんなボートレースを正月もぜひ観戦しましょう。

 

仕事終わってから時間有るときだけ競艇のナイター買ってるけど
もう貯金も300超えた、仕事してる意味もわからなくなってきたし
そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】グランプリ優勝は瓜生正義選手、シリーズ優勝は今垣光太郎選手!

 2016-12-26
仕事終わってから時間有るときだけ競艇のナイター買ってるけど
もう貯金も300超えた、仕事してる意味もわからなくなってきたし
そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs

 

グランプリ優勝は瓜生正義選手、シリーズ優勝は今垣光太郎選手!

「瓜生正義」の画像検索結果

「今垣光太郎」の画像検索結果

年末の大一番、グランプリおよびグランプリシリーズ優勝は瓜生選手と今垣選手で幕を下ろしました。

瓜生選手はつい2か月前にダービーを制覇したばかりではありますが、その前のSG優勝は2013年のダービーであり、まる3年SGを獲れていませんでした。

それまで5年連続SG制覇を成し遂げていただけに、瓜生選手の不振を心配するファンの方も多かったと思います。
ですが、その間も毎年G1を優勝し続けての今回のSG優勝、賞金王初制覇!ですから全く不振でもなんでもなかったというわけです。

そして今垣光太郎選手に至っては2010年のチャレンジカップ以来6年ぶりの優勝となりました。
今垣選手は今年のボートレースクラシック準優勝戦でフライングを切ってしまい、一般戦巡りを余儀なくされていました。

さらに期が変わってもフライングを切ってしまい、フライングに苦しんだ1年と言えます。
それでも最後にはSG優勝で締めくくるあたりが、まだまだ今後もSGを優勝するだけの実力が十分あることを証明したと思います。

このように、SGを何個も獲るような選手は何年もSGが獲れなくとも、調子の波とモーターの抽選運がばちっとあったときに、それこそ忘れたころにSGを獲ったりするものなのです。

なので、何年もSG優勝から離れている複数のSGタイトルを持つ選手たちも今後いつSGをとってもおかしくはありません。
そんなSGタイトルホルダーの今後のSGでの活躍に注目してみてください。

 

仕事終わってから時間有るときだけ競艇のナイター買ってるけど
もう貯金も300超えた、仕事してる意味もわからなくなってきたし
そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】王者松井選手が今年もグランプリを走る

 2016-12-19
仕事終わってから時間有るときだけ競艇のナイター買ってるけど
もう貯金も300超えた、仕事してる意味もわからなくなってきたし
そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs

 

【ボートコラム】王者松井選手が今年もグランプリを走る

「王者松井」の画像検索結果

 

年末の大一番、グランプリが始まりますね。
そうそうたるメンバーが並びますが、中でも2ndトライアルメンバーを見ると6号艇に当然のように松井繁選手がいるわけです。

 

ですが、特にタイトル獲ってないのに2ndトライアル出場というのを見て疑問に思う方もいるのではないでしょうか?
SGも2015年もそうでしたが、2016年は獲っておらず何故賞金ランキング6位までに上がっているかというと、G1、SG優出しまくっているからです。

 

年初にG1を獲りはしたものの、その後タイトルこそなかった松井選手ですがG1を5優出、SGを3優出もしているんですね。
タイトルが獲れない時でもこの安定した成績こそが松井選手を王者たらしめる理由なのです。

 

それこそSGこそ毎年獲れていませんが(獲れるものでもありませんが)、G1は毎年のように獲っており多い年では5つも獲ったりしているのです。

 

これだけG1を量産している選手は松井選手をおいて他にいません。
SG優勝数が松井選手に次ぐ山崎智也選手ですらG1優勝数は松井選手の半分程度なのです。

 

そんな圧倒的優勝数を誇る王者松井選手のグランプリ2ndトライアルを初日からお見逃しなく。

 

今日も無料情報の的中お見事!
一週間無料だけを使って舟券代が10万円。
払戻金が19万3540円。
5日間だけで利益が約10万円。
http://v-road.com/?snitk&cc=snitk
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】篠崎元志選手が福岡G1優勝戦で負傷! グランプリ出場はどうなる!?

 2016-12-11
仕事終わってから時間有るときだけ競艇のナイター買ってるけど
もう貯金も300超えた、仕事してる意味もわからなくなってきたし
そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs

 

【ボートコラム】篠崎元志選手が福岡G1優勝戦で負傷! グランプリ出場はどうなる!?

 

見ていた方はご存知だと思いますが、福岡G1優勝戦で篠崎元志選手が1Mで振り込み後続艇に突っ込まれるという事故に見舞われました。

http://www.hochi.co.jp/gamble/boat/20161206-OHT1T50201.html

「篠崎元志」の画像検索結果

責任の所在は置いておいて、その事故は後続艇が篠崎元志選手の体に舳先から突っ込むというものでした。

確かに選手は分厚いケプラー素材の防護服やプロテクターに身を固めているといえどもボートは乗っている選手と合わせて170Kg以上となり、さらに舳先のとがった部分が40~50キロ(ターン時の速度はそれくらいと言われてます)という速度で刺さったわけですから無事では済まないわけです。

いわば防弾チョッキで銃弾を受けたようなものです。
防弾チョッキを着ていても弾を受ければ骨折ぐらいするそうですよね。

巷の噂では肋骨や背骨を折ったなどの話が流れているようですが、上記の記事に打撲とありますし唐津G1は欠場となっていますがまだグランプリ欠場の報は流れていないので、そこまでのケガではなかったのではないかと思われます。

 

初の兄弟グランプリ対決ですから、ぜひともケガを一刻も早く治してグランプリ出場していただきたいですね。
篠崎兄弟のグランプリ対決に期待しましょう。

 

仕事終わってから時間有るときだけ競艇のナイター買ってるけど
もう貯金も300超えた、仕事してる意味もわからなくなってきたし
そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】魚谷智之選手がグランプリ勝負がけ成功!

 2016-12-05
効率よくお金を稼げる唯一の方法【競艇】
全くの初心者でも問題なし
夜の30分それだけでOK
http://v-road.com/?nkasn&cc=nkasn

 

魚谷智之選手がグランプリ勝負がけ成功!

「魚谷智之」の画像検索結果

 

石野貴之選手の優勝で幕を閉じたSGチャレンジカップですが、その陰で魚谷智之選手がグランプリ勝負がけを成功させました。

 

魚谷選手はチャレンジカップ前では賞金ランキング20位で、18位だった茅原選手とはわずか80万円ほどの差だったわけですが、茅原選手がフライングでチャレンジカップに出場していなかったのでチャンスだったわけです。

 

ですが、田中信一郎選手も同じくチャレンジカップ未出場でしたがランキング圏内であり、激しい賞金争いの末に魚谷選手が最後の18番目に滑り込んだわけです。

 

ですが、魚谷選手が準優出し特別選抜戦で賞金を重ねたにもかかわらず、SG優勝者の相手待ちの状態でした。
優勝戦で森高選手と吉川選手が優勝していたら順位逆転で魚谷選手も18位に入れていなかったんです。

 

賞金3位の石野選手が優勝したからこそ、順位変動なく18位に入れたというわけです。
これで魚谷選手が準優勝に乗ってなかったら特別選抜戦に乗れておらず、おそらく賞金額も届いていなかったのではないかと思います。

 

田中選手との差額は32万円ほどでしたので。
まさに、魚谷選手はSGチャレンジカップの優勝者の決まる最後の最後まで勝負がけしていたことになります。

これほど激しい勝負がけも他にないですよね。
そんな魚谷選手や今年の艇界で最も活躍した18人の選手たちが出場するグランプリは12/20(火)より始まります。

 

2016年の艇界最高の選手を決める戦いを是非ご覧ください。

 

効率よくお金を稼げる唯一の方法【競艇】
全くの初心者でも問題なし
夜の30分それだけでOK
http://v-road.com/?nkasn&cc=nkasn
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】グランプリへラストスパート!

 2016-11-20
テレビでCMしてたから競艇やってみたら
なんかめっちゃ稼げて笑う。
日頃の移動でタクシーばっか使うようになったわ
http://www.yhs-netb.com/pbq/?dkdnl&cc=dkdnl

 

グランプリへ向け残すはチャレンジカップだけとなりました。

 

9月以降のG1優勝者に峰竜太選手、篠崎元志選手、毒島誠選手、茅原悠紀選手、桐生順平選手らニュージェネレーションズの名前がずらずら並んでおり、最後のラストスパートにかける勝負強さがよくわかる結果になっています。

 

桐生選手は現在賞金ランキング4位でグランプリ出場当確、しかも6位以内も濃厚でチャレンジカップがグランプリ2ndトライアルへのシードがかかるレースとなっています。

「桐生順平」の画像検索結果

 

篠崎元志選手は現在賞金ランキング11位でグランプリ出場当確ですが、フライングによりチャレンジカップは選考除外となっているためランクはこれ以上あがることはありません。

「篠崎元志」の画像検索結果

 

さらに茅原選手は賞金ランキング17位で賞金額がボーダーぎりぎりにもかかわらず、茅原選手もまたフライングで選考除外となっており、残念ですがチャレンジカップで逆転されることがほぼ決まっている状況です。
G1優勝するも少々足りませんでした。

「茅原選手」の画像検索結果

 

次に峰選手ですが、賞金ランキング21位でチャレンジカップでグランプリ勝負がけ、といきたいところですがオーシャンカップ準優勝戦でフライングを切っているためチャレンジカップは選考除外です。
茅原選手も峰選手もチャレンジカップでの勝負がけ、見たかったですね。

「峰選手」の画像検索結果

 

毒島選手は賞金ランキング23位でニュージェネでは一番下の順位ながらも、チャレンジカップには出場予定です。
まさに10月のG1優勝でチャレンジカップまで望みをつないだ形です。

「毒島選手」の画像検索結果
毒島選手のチャレンジカップでのグランプリ勝負がけは大いに注目したいですね。

 

最後に現在の賞金ランキング18位までにはグランプリ覇者、SG覇者などグランプリ(賞金王)出場経験者がずらりと並ぶ中、唯一グランプリ未出場なのが賞金ランキング14位の篠崎仁志選手です。

「篠崎仁志選手」の画像検索結果

 

その仁志選手ですが、先日の芦屋G2の優勝でグランプリの出場を当確させています。
兄の元志選手が11位で弟の仁志選手が14位ですから、名実ともに艇界最強の兄弟レーサーですよね。

チャレンジカップも出場予定でさらに賞金を上積みし、ランクアップを狙います。
グランプリでの活躍も楽しみですね。

 

以上、ニュージェネら若手の選手に注目しましたが、松井選手をはじめそうそうたるメンバーがベテランから若手まで艇界を代表する選手たちが揃って戦うグランプリへの最後の勝負がけにぜひご注目ください。

 

テレビでCMしてたから競艇やってみたら
なんかめっちゃ稼げて笑う。
日頃の移動でタクシーばっか使うようになったわ
http://www.yhs-netb.com/pbq/?dkdnl&cc=dkdnl
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】今期勝率NO.1は赤岩善生選手、女子NO.1は遠藤エミ選手!

 2016-11-13
テレビでCMしてたから競艇やってみたら
なんかめっちゃ稼げて笑う。
日頃の移動でタクシーばっか使うようになったわ
http://www.yhs-netb.com/pbq/?dkdnl&cc=dkdnl

 

今期勝率NO.1は赤岩善生選手、女子NO.1は遠藤エミ選手!

「赤岩 ボート」の画像検索結果

「遠藤エミ ボート」の画像検索結果

11月から期が変わり、今期適用勝率NO.1が発表されましたね。
以下ボートレースオフィシャルウェブのリンクと抜粋です。

http://www.boatrace.jp/news/2016/11/057024.php

今期の勝率第1位となったのは、『8.10』を記録した登録第3946号:赤岩善生選手(愛知支部)《2連対率61.76%、3連対率81.18%、事故率0.06》で、2005年後期以来、2度目の勝率第1位に輝きました。

また、女子選手の勝率第1位は、『7.52』を記録した登録第4502号:遠藤エミ選手(滋賀支部)《2連対率56.94%、3連対率70.83%、事故率0.00》となり、初の女子選手勝率1位に輝きました。

 

赤岩選手は2016年前期は一般戦ではほぼ連を外すことなく1着を量産し、G1やSGでもタイトルこそなかったものの準優出や優出をいくつも果たしており納得の成績です。

遠藤エミ選手は昨今のG1やSGでの活躍が目覚ましく、今年SGボートレースオールスターで自身初のSG準優出を果たし、G1レディースチャンピオンでも優出し、今では男女混合G1でも準優出が珍しくなくなっているほどです。

 

男女混合G1を制した平山智加選手と並び、今もっともSGタイトルに近い女子選手と言えると思います。
まだ遠藤選手には大きなタイトルがなく、赤岩選手は2012年以来G1タイトルもないので両選手の今後の活躍が期待されます。

 

ぜひ、今期勝率NO.1選手たちのレースを、そして活躍をその目でご覧ください。

 

テレビでCMしてたから競艇やってみたら
なんかめっちゃ稼げて笑う。
日頃の移動でタクシーばっか使うようになったわ
http://www.yhs-netb.com/pbq/?dkdnl&cc=dkdnl
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】ボートレーサー養成機関「やまと学校」の名称を「ボートレーサー養成所」へ変更し、養成訓練費用が無償化に

 2016-11-08
【ボートコラム】ボートレーサー養成機関「やまと学校」の名称を「ボートレーサー養成所」へ変更し、養成訓練費用が無償化に

http://www.boatrace.jp/news/2016/11/057027.php

一般財団法人日本モーターボート競走会は、日本で唯一のボートレーサー養成機関「やまと学校」(福岡県柳川市)の名称を、世間一般の学校との差別化を図り"プロボートレーサー養成"に特化した内容を明示するため、平成29年4月より「ボートレーサー養成所」へ名称変更します。
また、平成29年4月に入学する第122期選手養成員から、養成訓練にかかる費用(これまで宿泊費・食費など自己負担費用として月額10万円×12ヵ月=年間120万円)を無償化します。
養成員やその家族の経済的負担を軽減することでボートレーサー志願者への門戸を広げ、次世代のボートレースを担ってくれるであろう才能ある人材確保を目指していきます。

昭和26年 「琵琶湖国際モーターボート選手・審判員養成所」が開所
昭和31年 「琵琶湖国際モーターボート選手・審判員養成所」が閉所
昭和32年 各地ボートレース場を利用して選手養成を開始
昭和41年 「本栖研修所」(山梨県)が開所
平成13年 「本栖研修所」を閉所し、「やまと競艇学校」(福岡県)へ移転
平成22年 「やまと競艇学校」から「やまと学校」へ名称変更
平成29年 「やまと学校」から「ボートレーサー養成所」へ名称変更

 

題名や上のリンクにあります通り、やまと学校の名称が変わり訓練費用が無償化されるようです。

より門戸を広げるとリンク先にもありますが、今後よりボートレースを盛り上げていくためには実際にレースを走る優秀な人材が欠かせないわけです。

さらに言うにはスター選手の存在ですよね。

 

今までで言う濱野谷選手や山崎智也選手、ニュージェネレーションズと言った昨今の若手選手たちのようなスター選手はボートレース人気に不可欠であり、発掘するためには幅広く人材を集めなければなりません。

 

ですので、このような施策はとても効果的なのではないかと思います。
今までにも年齢制限を30歳までに、さらには身長を175cmまで引き上げたりしてきており、スポーツ特待生も募るようになっています。

 

あまり知られていませんが、選手の中には他のモータースポーツ出身の選手が何人もいるそうです。
今度の施策で、より優秀な人材が集まり山崎智也選手らのようなスター選手が生まれることを期待しましょう。

「やまと学校」の画像検索結果
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】SGボートレースダービーは瓜生正義選手が優勝!

 2016-10-31
競艇ちょろすぎて草はえたwwwwww
ナイターだけ買ってるけど
もう貯金も300超えた、そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs

 

SGボートレースダービーは瓜生正義選手が優勝!

「瓜生正義」の画像検索結果

瓜生正義選手が8個目のSGを優勝し、ボートレースダービー(全日本選手権)を史上初の3度制覇しました。
ボートレースダービー(全日本選手権)は勝率だけで出場者が選ばれる、言い換えると実力だけで選ばれるSGの中のSGと呼ばれています。

 

そんなボートレースダービーを制した選手は畏敬の念をこめダービーキングと呼ばれるわけですが、3度も制した瓜生選手は真のダービーキングと呼ぶにふさわしい選手でしょう。

 

今回の瓜生選手は地元で上位級のモーターを手に、うねりすら味方につけての優勝は誰もが納得の結果だったと思います。
ですが、2009年から2013年まで5年連続で6つのSGを獲った瓜生選手が、この3年でSGが取れなかったことを疑問に思う人は少なくなかったと思います。

 

私も実際に瓜生選手の成績不振(私はそうは思っていませんでした)を疑問視する声を何度も聞いており、そのたびにこう返してきました。
「2013年以降、G1を四つ、G2を二つも獲ってきている瓜生選手はSGが獲れていない今でも艇界を代表する超一流選手であり、タイミングさえあえばSGも必ず獲れます」

と。

そしてそれが今回証明されたわけですね。
さらにこれも持論なんですが、このようにSGを何度にもわたって獲るような超一流選手には調子の波、モーター抽選の波、運の波などがあり、それらがばちっ!と一致するときSGがそれこそ量産できるのだと考えています。

 

松井繁選手がまさにそうですし、山崎智也選手、今回の瓜生正義選手らがそうですね。
何年か波の下降時期があれば上昇する時期もあり、そんなときにSGを爆発的に獲ったりしていると思います。

 

その個人的な考えから言うと、瓜生選手は今回以降もSGをそれこそ連覇したりとか、グランプリを獲ったりとか、毎年のように獲ったりとかするかもしれませんね。
そんな波に乗ったであろう瓜生選手の今後の活躍にぜひご期待ください。

 

「瓜生正義」の画像検索結果

 

競艇ちょろすぎて草はえたwwwwww
ナイターだけ買ってるけど
もう貯金も300超えた、そろそろ会社やめようと思ってる
http://www.yhs-netb.com/pbx/?mhshs&cc=mhshs
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】不良航法と妨害失格

 2016-10-23
競艇で大金を稼ぐことは決して難しくありません。
その理由がこちら
http://www.yoso-live.net/?imtkm&cc=imtkm

 

【ボートコラム】不良航法と妨害失格

 

ボートレースを見ていると、たまに妨害失格になっている選手やレース後に不良航法を獲られている選手もいますよね?
この不良航法と妨害失格ですが、何が不良航法でどれが妨害失格だとはっきり言える人はほぼいないのではないかと思います。

 

そういう私も全部わかるわけではないのですが、今回は分かっていることだけ書かせて頂きたいと思います。
まず妨害失格ですが、よく転覆、落水している選手や相手を転覆、落水させた選手が宣告を受けていますよね。

 

相手を落水、転覆させれば妨害失格になるというのは分かりやすいと思うのですが、自分が転覆、落水した場合は自己責任の減点か選手責任外となり、減点にならないときも多いですよね?

 

では、転覆、落水した場合に妨害失格となる場合はどんなときかというと、後続艇を巻き込んで転覆、落水させた場合に妨害失格になっています。
結局、自分で転覆、落水しようがしまいが相手を転覆、落水させたら妨害失格というわけですね。

「妨害失格 ボート」の画像検索結果

そして不良航法ですが、こちらの方が判断が難しいです。

 

ダンプして相手を大きく吹っ飛ばしても不良航法にならなかったり、かといって相手を吹っ飛ばさない力加減が絶妙なダンプのときでも不良航法をとられる場合があります

 

これは一つの大きな理由がありまして、モーターボート競争競技規定第21条が関係しています。
以下のように書かれています。

第21条 モーターボートは、スタート後ゴールインするまでの間、他のモーターボートを追抜く場合は、そのモーターボートを左方向に見て追抜かなければならない。
ただし、他のモーターボートの妨害により、左方向に見て追抜くことができなかった場合、その他やむを得ない場合、又は安全な間隔がある場合は、この限りでない。

 

これを読むと相手を左側に見て抜かなくてはならない、要は外側から抜かなければならないとありますね?
ですが、レースを見ていると内側からばんば抜いてますね?

 

ここで最後の行、安全な間隔がある場合はこの限りではない、というのが肝になるわけです。
そう、安全な間隔がある場合に内側から抜いているんですよ。

 

で、不良航法を獲られる選手の中に、安全な間隔がないのに突っ込む選手が不良航法を獲られているわけです。
その一番わかりやすいのがダンプなわけです。

 

先ほどの例で、相手を吹っ飛ばさない程度のあたりの弱いダンプでも不良航法を獲られる場合は、この安全な間隔がないときに突っ込んでしまったわけですね。

 

具体的に言うと、前の艇がターンマークを外さずに廻ろうとしているところに突っ込むと、安全な間隔がないのに追い抜きをかけたということで不良航法になるわけです。

 

最近、この第21条にひっかかって不良航法を獲られる選手をちょくちょく見ます。

 

もし、不良航法ととられた選手のレースを見ても思い当たるシーンがない場合は今回の内容を思い出してみてください。
該当するかもしれませんので。

 

 

競艇で大金を稼ぐことは決して難しくありません。
その理由がこちら
http://www.yoso-live.net/?imtkm&cc=imtkm
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】ボートレース振興会が池田浩二選手のウィリーターンを徹底解明!

 2016-10-09
競艇は圧倒的に当てやすい。
今なら3万円分の予想を無料で提供します。
http://www.million-b.net/?mykks&cc=mykks

 

ボートレース振興会が池田浩二選手のウィリーターンを徹底解明!

2か月ほど前にウィリーターンの記事を書いたと思います。

その後、ボートレース振興会より「ボートレースを科学する」と題された動画が公表され、池田浩二選手のウィリーターンが詳細に解説されていました。

ぜひご覧ください。

http://taishu.jp/detail/23946/

掲載された動画には池田浩二選手がウィリーターンする姿がばっちりと映っているだけでなく、どのようにウィリーターンをしているかをご本人のコメントと一緒に詳細に説明してます。

以前の記事でお話させていただいた通り、「艇をどうやって安定させるかを重視している」と池田選手もおっしゃってます。

「池田浩二」の画像検索結果

さらにこの動画が面白いのが、同支部の先輩である原田幸哉選手のターンも徹底解明しており、さらに両選手のターンを比較していることです。

原田選手のターンはとても独創的で他の選手が右足で艇を蹴っているのに対し、原田選手は右足では蹴らず、それどころか右足を浮かして左足で踏ん張るターンをしているんですね。

初めて知り、そして見ました。
ターン立ち上がりで抵抗を減らして加速するためににわざと滑らせるそうです。

池田選手が一瞬レバーを放してそこから全開で立ち上がるのに対し、原田選手は9割がたレバーを放して数舜のちにレバーを握って立ち上がるので、池田選手はターン全体のスピードが速く半径も大きく、原田選手のほうが半径が小さく前述のとおり立ち上がりの加速が速いそうです。

これはモータースポーツで言う、コーナーリングスピード重視か立ち上がり重視かというお話と同様だと考えられます。

 

この動画を見てとても私自身勉強になりました。
皆さんもぜひこの動画を見て、ぜひ選手たちのターンや見ている景色をよくご覧になられてみて下さい。

 

きっと新しい発見がありますので。

 

競艇は圧倒的に当てやすい。
今なら3万円分の予想を無料で提供します。
http://www.million-b.net/?mykks&cc=mykks
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】現在の賞金ランキング1位は菊池幸平選手、2位は石野貴之選手!

 2016-10-03
ギャンブルなんて儲からない。
そう思っているあなた!
競艇だけは儲かるんです。
http://www.perfect-br.net/?nynss&cc=nynss

 

現在の賞金ランキング1位は菊池幸平選手、2位は石野貴之選手!

 

今年ももう10月に入り、そろそろ気になってくるのがグランプリに向けての賞金ランキングですね。
現在のランキングは以下のようになっています。

http://www.boatrace-grandprix.jp/2016/rtg/

3333455415

ランキングトップから今年のSG優勝者がずらりと並ぶわけですが、今年グランドチャンピオンを獲った山崎智選手を抑えて5位に井口選手がきているのが驚きです。

「井口佳典」の画像検索結果

井口選手は今年G1を6優出、G2も1優出しており、内G1を2勝しているからこれだけ賞金が高くなっているのです。
素晴らしい成績ですよね。

ランキングトップの菊池選手はSGを1勝、G1を4優出し内2優勝しており納得の結果です。

「菊池選手はSG」の画像検索結果
そして先ほどの井口選手同様に驚きなのが、ランキング2位の石野選手です。

「ボート いしの」の画像検索結果

 

なぜなら、今年の3月戸田G1優勝戦でフライングを切り、現在一般戦巡りを余儀なくされているからです。

一般戦巡りをしているはずの石野選手が何故これだけの賞金額を稼ぎ出したのか?
気になるところですよね?

それはまず、ご存知の通りその後のSGオーシャンカップを優勝し、さらには続くSGボートレースメモリアルを優出したからです。
G1優勝戦のフライングはG1に出場できなくなりますが、SGは出れるんですね。

さらに、戸田G1フライング後の休みに入るまでに斡旋の入っていた唐津G2、桐生G1もきっちり優出し、あわせてG1を4優出内2優勝、G2を1優出と一般戦巡りするまでにG1、G2でしっかりと賞金を上積みしていたんですよ。

これによって現在一般戦巡りをしている石野選手が賞金ランキング2位の座に収まっているわけです。
G1優勝戦フライングをものともしない、ものすごい勝負強さですよね。

残りのメンバーも納得の面々がならんでいます。
当然のごとく王者松井選手も名を連ねてますし、艇界最強の兄弟レーサー篠崎兄弟も入ってますね。

グランプリまで残すSGはあと二つとなりました。
ぜひ賞金ランキングをチェックしながらどのように順位が変動するかをお楽しみください。

ギャンブルなんて儲からない。
そう思っているあなた!
競艇だけは儲かるんです。
http://www.perfect-br.net/?nynss&cc=nynss
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】2010年SG笹川賞以降タイトルが獲れない岡崎恭裕選手

 2016-09-26
【ボートコラム】2010年SG笹川賞以降タイトルが獲れない岡崎恭裕選手

「岡崎恭裕」の画像検索結果

常滑G1ヤングダービーは松田大志郎選手の優勝で幕を下ろしました。
今回のヤングダービーですが、初日のメンバーを最初に見たときに少し驚きました。

「岡崎選手、まだ出れるの!?」って。
なぜなら、岡崎恭裕選手は2004年に17歳でデビューしており、2007年から2010年まで新鋭王座に出場していたからです。

 

ですが、残念ながら2007~2009年は予選敗退、新鋭王座ラストランとなる2010年も準優勝戦進出を果たすもののフライングに散っています。
ですが、同年のSG笹川賞を優勝するんですね。

 

そのままSGトップレーサーとして邁進するかと思いきや、今の今までG2以上のタイトルが一つもありません。
ですが、成績が低迷しているかというとそうでもなくSGを8優出、G1を10優出しており今一歩のところでタイトルを逃しているのです。

 

そしてそんな中、2014年に新鋭王座が廃止されヤングダービーが新設されたわけです。
デビュー6年が制限だった新鋭王座とは違い、ヤングダービーは30歳未満という制限によって岡崎選手はリベンジの機会が与えられたました。

 

2014年はフライングのため出場できませんでしたが、2015年のヤングダービーは優出2着に終わり、確実に新鋭王座時とは格段の実力差があることを見せつけたわけです。

 

そして今年ラストランとなる常滑G1ヤングダービー出場でした。
結果はご存知の通り、優出3着と道中圧倒的な実力差を見せるものの惜しくもタイトル獲得ならずとなっています。

 

残念な結果となったものの今年はSG優出2回と好調で、SG初制覇の2010年以降も勝率7点台をほとんど維持しており先ほども言いましたが、決して実力が下がっているわけではありません。

 

そんな岡崎選手は巷で言われるSGが獲れそうで獲れない一人と言えます。
今後の岡崎選手の奮起にぜひご注目ください。

 

圧倒的にボートが儲けやすい理由とは!?
そのカラクリを大公開
http://www.million-b.net/?mykks&cc=mykks
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

【ボートコラム】艇界NO.1兄弟レーサー 篠崎元志、仁志選手

 2016-09-19
艇界NO.1兄弟レーサー 篠崎元志、仁志選手

前回に引き続き艇界NO.1のお話です。(笑)
今回のNO.1は艇界が誇る兄弟レーサー篠崎元志、仁志選手です。

「篠崎元志」の画像検索結果

「篠崎ひとし」の画像検索結果

つい先日の芦屋G1優勝戦に兄弟で出場しましたね。
兄弟そろってのG1優出は2015年の福岡以来2度目になります。

さらに、この20年で兄弟、姉妹でG1優出したのは篠崎兄弟の他には2007年の徳山G1女子王座での池田明美、浩美選手の姉妹しかおらず、篠崎兄弟は先ほど書いた通り2度目なわけです。

 

そのうえ、SGに兄弟で出場しているのは篠崎兄弟のみです。
今や艇界に数いる兄弟、姉妹選手の中で最強の兄弟レーサーと言えるでしょう。

 

そして兄元志選手はSGを2勝もあげる押しも押されもせぬ艇界トップレーサーですが、弟仁選手も兄に続けとG1を3勝もあげている艇界屈指のレーサーなのです。

 

ちなみに、G1以外のレース(一般戦、新鋭リーグ、ウエスタンヤング)の優勝戦での対決も過去に何度も行われており、結果は今回の芦屋含めて4勝3敗で元志選手が勝ってはいるもののほぼ互角の戦いですね。

 

個人的には兄元志選手のほうがターンが強烈で、弟仁選手はここ一番のスタートの信頼度が抜群だと思います。
実際に今回の優勝戦でも2Mの競り合いを元志選手が制して3着に入り、仁志選手が5着となっています。

 

このように兄元志選手は競り合いにめっぽう強いんですが、準優勝戦のようにたまにここ一番のスタートで届かないことがある印象です。
弟仁志選手はターンは平均的ですがスタートがとても安定していますよね。

 

そんな艇界NO.1兄弟レーサー篠崎兄弟の今後のレースにぜひご注目ください。

 

ボートで安定して稼ぎたい儲けたい。
どうかこのチャンスを逃さないでください。
http://www.perfect-br.net/?nynss&cc=nynss
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫