heltuda.jpg
cyuou.jpgnankan256.jpgbobobob.jpg
A2.jpg525×360勝ち組 (1)789.png

【ボートコラム】ボートレーサー養成機関「やまと学校」の名称を「ボートレーサー養成所」へ変更し、養成訓練費用が無償化に

 2016-11-08
【ボートコラム】ボートレーサー養成機関「やまと学校」の名称を「ボートレーサー養成所」へ変更し、養成訓練費用が無償化に

http://www.boatrace.jp/news/2016/11/057027.php

一般財団法人日本モーターボート競走会は、日本で唯一のボートレーサー養成機関「やまと学校」(福岡県柳川市)の名称を、世間一般の学校との差別化を図り"プロボートレーサー養成"に特化した内容を明示するため、平成29年4月より「ボートレーサー養成所」へ名称変更します。
また、平成29年4月に入学する第122期選手養成員から、養成訓練にかかる費用(これまで宿泊費・食費など自己負担費用として月額10万円×12ヵ月=年間120万円)を無償化します。
養成員やその家族の経済的負担を軽減することでボートレーサー志願者への門戸を広げ、次世代のボートレースを担ってくれるであろう才能ある人材確保を目指していきます。

昭和26年 「琵琶湖国際モーターボート選手・審判員養成所」が開所
昭和31年 「琵琶湖国際モーターボート選手・審判員養成所」が閉所
昭和32年 各地ボートレース場を利用して選手養成を開始
昭和41年 「本栖研修所」(山梨県)が開所
平成13年 「本栖研修所」を閉所し、「やまと競艇学校」(福岡県)へ移転
平成22年 「やまと競艇学校」から「やまと学校」へ名称変更
平成29年 「やまと学校」から「ボートレーサー養成所」へ名称変更

 

題名や上のリンクにあります通り、やまと学校の名称が変わり訓練費用が無償化されるようです。

より門戸を広げるとリンク先にもありますが、今後よりボートレースを盛り上げていくためには実際にレースを走る優秀な人材が欠かせないわけです。

さらに言うにはスター選手の存在ですよね。

 

今までで言う濱野谷選手や山崎智也選手、ニュージェネレーションズと言った昨今の若手選手たちのようなスター選手はボートレース人気に不可欠であり、発掘するためには幅広く人材を集めなければなりません。

 

ですので、このような施策はとても効果的なのではないかと思います。
今までにも年齢制限を30歳までに、さらには身長を175cmまで引き上げたりしてきており、スポーツ特待生も募るようになっています。

 

あまり知られていませんが、選手の中には他のモータースポーツ出身の選手が何人もいるそうです。
今度の施策で、より優秀な人材が集まり山崎智也選手らのようなスター選手が生まれることを期待しましょう。

「やまと学校」の画像検索結果
関連記事
カテゴリ :ボートコラム トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫