heltuda.jpg
cyuou.jpgnankan256.jpgbobobob.jpg
A2.jpg525×360勝ち組 (1)789.png

競艇で勝つための考え方

 2013-06-01
カズヤングです☆

いつも金舟新聞にお越し頂き、誠にありがとうございます。

そしてアンケートへの投票に関しまして、多数のご意見ご感想を頂き、本当にありがとうございます。


感謝の気持ちで一杯です。


そこで、少しお役に立てていただけるかわかりませんが、皆様に少しでも勝ち組になって頂きたく


1つお話をさせて下さい。


すいませんが、私は競艇歴はまだ4か月です。


このブログ以外にも競馬のブログをやっております(そこから知った方も多いとおもいます。)



たまに○○選手の調子はどうですか?


などと聞かれますが


正直選手の名前わかりません。


顔も知りません。


特徴も知りません。


ルールもイマイチわかっていません(+o+)
(侵入コースが枠なりにならない理由とかも)


展示を見たこともありません。


モーターやペラがどうこうなども一切見てません。


知ってる選手は


松井繁(結構稼いでるから?)


阿波勝哉(動画ですごいと思いました)


篠崎元志(イケメンランキング1位で載っていたから)


くらいです。


あとは鉄板艇で良く名前が出る人は「あっまたこの人かー」


くらいな感じです汗。


なので競艇は


完全に競馬と同じように、おこづかい稼ぎの1つとして考えています。


競馬と比較しても、競艇は艇が少ないので確率的に収束しやすいメリットがあります。


では単純に競艇で勝つにはどうしたらいいのか?


人間がやるものなので、難しいと思います。


競馬も馬です。


不確定要素が多いのも事実です。


ましてやテラ銭があるので、1/2で当たったら2倍になるギャンブルとは訳が違います。


1000円が750円(基本25%取られるので)になるようなギャンブルです。


長い目で勝つことは1割いるかいないかくらいです。


では本題に入ります。


数学な話になるので、数字が多数出ます。


まず競艇(競馬も含め)で自分のやっている


この「金舟新聞」のメリットや伝えたいこと


それは


的中率が明確なこと


これが有益になります。


鉄板艇では


単勝率78.1%
2連率91.6%
3複率96.6%


という結果になっています。


正直に言いますと

10年後や20年後も

全くこれと同じ確率で推移する自信があります。


20年分のシュミレーションとほぼ同じ結果が出ています。

これからも確率上偏りは出ても

単勝率は77.5%~78.5%

連対率は91.0%~92.0%

3複率は96.0%~97.0%

で延々と推移すると思います。


ここが大きなメリットです。



皆様に質問です。


自分の購入予定の舟券の的中率は何%ですか?


わかりませんよね?


しかし、鉄板艇ははっきりと的中率が明確です。


単勝率は77.5%~78.5%

連対率は91.0%~92.0%

3複率は96.0%~97.0%


では単純に言います。


あなたが2倍になるワイドを1点買っているとします。


その的中率が50%あればトントンです。


2×0.5=回収率100.0%の舟券です。


的中率が60%なら


2×0.6=回収率120.0%の舟券です。


的中率が40%なら

2×0.4=回収率80.0%の舟券です。


的中率とオッズを比較しながら、回収率が100%を超える舟券を買い続けることが大切になります。


しかし的中率がわからないとこの方法はできません。


金舟新聞の鉄板艇は


単勝率は77.5%~78.5%

連対率は91.0%~92.0%

3複率は96.0%~97.0%


と明確にわかります。


つまり!


例えば鉄板艇の単勝オッズが110円とします。


その場合(仮に単勝率78.0%とします)


110×0.78=回収率85.8%


つまり単勝110円の鉄板艇の単勝は買ってはいけない

ということになります。

120円だと

120×0.78=回収率93.6%

130円だと

130×0.78=回収率101.4%


つまり鉄板艇で単勝が130円つきそうであれば購入するべきなんです。


しかし


競艇のガチガチなんてどうせ単勝でも100円でしょ?


と思っていませんか?


5月20日

蒲郡12R
鉄板艇
1.鳥飼眞
1着的中!

単勝140円

torikai.png

5月19日
住之江12R
1.赤坂俊輔
1着的中!

単勝130円

akasak.png


皆が注目していないからこそそこにチャンスがあるんです。


ここのブログを見ていない人は、この鉄板艇が78%で来ることは知らないんです。


あらかじめ的中率が明確だと


どれくらいのオッズであれば狙い目か?


という部分がわかります。


この部分を狙っていけば、皆様も少しはお小遣いを稼げるのではないかなと思います。


私はこのやり方で、地道にやっています。


私も会社ですので


今から申し上げますが


いつかは有料配信をやる予定です。


しかしまずは皆様に、勝つための理論や、使い方も含めて


少しでも競艇との付き合いが良くなって頂ければと思います。


長々と失礼いたしました。


これからも金舟新聞よろしくお願いします。


まだまだ色々方法はあります。


もしためになったら拍手ボタンを押して下さい。


励みになります。


好評でしたらまた第二弾やりますのでお楽しみに☆


最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。
関連記事
カテゴリ :競艇予想 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫